PROFESSIONAL USERS

BACK TO LIST

Itxaso Zuñiga (Photographer)
イチャソ・ズニガ(フォトグラファー)

Travel is my drug and I discovered it when I was 16 years old.
16歳の時に始めて一人で旅をして以来、旅は人生の一部になっています。
旅先では普通に観光などもしますが、やはり文化やそこに住む人々と触れ合うのが醍醐味。そこで出会った人や風景の記憶、感動や興奮をいつまでも残したいと思い、旅日記を作るようになりました。
旅をする時は、いつもカメラと一緒にトラベラーズノートを持って行きます。
旅先では日々の記録や感じたことを軽くノートに書き留める程度で、それよりも好きな写真を撮ったりして、旅そのものを楽しむことに時間を使います。
また、旅の途中で見つけた小物、ポラロイド写真、チケット、ラベル、レシート、押し花、砂、石や貝殻などをジッパーケースに入れておきます。
そして、家に帰ってから旅日記を仕上げます。
プリンターで印刷した写真やポラロイド写真、買い物をした時のレシートなどを貼って、そこにその時の気持ちを書き綴ったり、ジッパーケースに入れておいた草花や砂を貼り付けたりします。
旅ノートを作っている時間は旅先の記憶がよみがえり、もう一度旅をしているような気分を味わうことができます。
さらに、時間が経ってから旅日記を眺めれば、何度も旅の気分を思い返すこともできます。
今回はモンゴルを旅しました。
モンゴルの印象的な青い空と広い大地を思い返しながら、旅ノートを作りました。

Deprecated: wp_make_content_images_responsive の使用はバージョン 5.5.0 から非推奨になっています ! 代わりに wp_filter_content_tags() を使ってください。 in /var/www/www.travelers-company.com/wp-includes/functions.php on line 5083

Travel is my drug, and I discovered it when I was 16 years old.
At the age of 16, I had my first travel alone. Ever since then, traveling has been part of my life.
Although I do have some sightseeing, as common tourists do, at the places I visit, what I find most interesting is experiencing the place’s culture and people. I wanted to keep memories of the sights and people I met, as well as all the excitement and emotional experiences I had. So, I began writing a travel diary.
Whenever I go traveling, I take my camera and TRAVELER’S notebook with me.
While I am on a trip, I just quickly jot down things I did and felt in the notebook. Rather, I take photos of scenes, people, etc., I like, so that I can spend most of my time enjoying the trip.
Also, inside the zippered container of my TRAVELER’S, I keep small objects I find on the trip – Polaroids, tickets, labels, receipts, pressed flowers, sand, pebbles, shells, etc.
Then, after I come home, I work on the travel diary again to make it complete.
In the notebook, I paste some photos I print out from a printer, some Polaroids, receipts from my shopping on the trip, and so on, and then write down my feelings about each thing I pasted. Also, I paste some flowers, grasses, sand, etc., I kept in the zippered container.
After some time, when I read my travel diary, my feelings from the trip come back to me, as many times as I want them to.
This time, I traveled to Mongolia.
I made this travel diary, thinking about the country’s blue sky and huge horizon.

PROFILE
イチャソ・ズニガ (フォトグラファー)
1978年、スペイン生まれ。
EFFC School of Photographyを卒業後、ロンドンのウェストミンスター大学にて写真を専攻。
2000年から約2年間、ハバナスとフランスでNGOに参加。
2002-05年にはスペインで旅行雑誌などのフリーカメラマンとして活動しながら、バルセロナ大学の講師を務める。
2005年-09年東京に在住。
現在はインドで暮らしながら、フリーランスとして活動。
Itxaso Zuñiga (Photographer)
Born in Spain, in 1978.
After graduating from the EFFC School of Photography, majored in photography at the University of Westminster, London.
For two years or so beginning in 2000, joined in some NGO activities in the Bahamas and France.
From 2002 to 2005, worked as a freelance photographer for Spanish travel magazines, while teaching at the University of Barcelona.
Lived in Tokyo from 2005 to 2009.
Currently living in India, working as a freelance photographer.